ローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーは嬢王蜂だけの特別食です。

 

働きバチが1ヶ月ほどしか生きないのに対し、女王バチは3〜5年と40倍以上の寿命を持ち、1日に約2,000〜3,000個もの卵を産み続けます。

 

ハチミツは、働きバチが花にある花蜜を集めて、体内にある酵素で果糖とブドウ糖に変えて濃縮し、巣に蓄えたもの。

 

これに対してローヤルゼリーは、生まれて10日前後の若い働きバチがハチミツと花粉を食べて吸級し、それを下咽頭腺と大あご腺から分泌する乳白色のクリーム状のものです。

 

季節や天候によって異なりますが、ハチミツが 10〜15kg 採れるのに対して、ローヤルゼリーは 30〜50g しか採れません。とてもわずかな量です。

ローヤルゼリーとハチミツの違い

蜂蜜は、ミツバチが花蜜を集めて、巣に貯め、水分を蒸発させて糖度を約80 %になるまで濃縮したもので、ミツバチが訪れる植物(蜜源植物)は、主要なものだけでも世界で約4000種と報告されています。

 

花蜜や甘露の主成分はショ糖ですが、ミツバチが分泌する酵素であるα-グルコシダーゼによって、ショ糖は蜂蜜中では果糖とブドウ糖に分解されています。

 

ショ糖に比べて、ブドウ糖は腸からの吸収が早いため、速やかなエネルギー補給に適しています。

 

ローヤルゼリーとハチミツの違いですが、ハチミツは、働きバチが花にある花蜜を集めて、体内にある酵素で巣糠とブドウ糖に変えて濃縮し、巣に蓄えたもの。

 

これに対してローヤルゼリーは、生まれて10日前後の若い働きバチがハチミツと花粉を食べて吸級し、それを下咽頭腺と大あご腺から分泌する乳白色のクリーム状のものです

 

ローヤルゼリーの見た目はとろりとした乳白色の物質で、酸味が強く、蜂蜜とはまったく異なります。